手間とお金がかかる結婚相談所

 

今の時代、マッチングアプリやSNSなどの広がりによって、以前よりも気軽に手軽に初めましての人と出会うチャンスが増えました。

それと同時にそこに潜むトラブルも問題になることがあります。

例えば、結婚を前提とした恋人探しのはずが、しばらく付き合ってみたら相手が既婚者だということが発覚したというパターンや、会ってすぐにホテルに誘われるなど真剣な出会いではなく遊び目的の人が潜んでいることがあったり、プロフィールに書かれている年齢や職業を偽っていたりなど。怖いのは、そこから詐欺事件や傷害事件などに発展してしまうケースも実際にあるということです。

出会う方法として、無料・手軽・気軽というのは今の時代とても魅力的ではありますが、細かい本人確認などがないまま出会うことができてしまう分、相手の嘘や目的を見極めるのが難しい部分はあると思います。

そういったトラブルに巻き込まれた、または巻き込まれそうになったという理由でアプリやSNSをやめて結婚相談所に来る人の多くが

「結婚相談所では、そういう人はいませんか?トラブルはありませんか?」という質問をします。結婚相談所は安全であることが絶対です。結婚相談所でこのようなトラブルがない理由は…

 

 1. 各証明書の提出が必要

結婚相談所では入会の際にいくつかの証明書の提出が必要です。

例えばコラボ大宮では入会に必要なものとしてホームページに以下のように記載しています。


  1.  入会申込書(当会所定)
  2.  契約書(当会所定)
  3.  写真(3ヵ月以内のもの)※写真がない場合はカメラマン撮影あり。5,400円(税込)
  4.  戸籍抄本(提出期限:本人のもので入会手続き後1ヶ月以内)
  5.  住民票(提出期限:入会手続き後1ヶ月以内)
  6.  印鑑
  7.  大学卒業証書のコピーか証明書(大卒以上の方は男性・女性お持ちいただきます)
  8.  源泉徴収票(男性のみ。一番新しい年度のものをお持ちください)

なかなか面倒と思われるかもしれませんが、これでプロフィールの虚偽や既婚者の紛れ込みを防ぐことが出来ます。

 

 2. 活動費が必要

結婚相談所やプランによって費用設定は様々ですが、結婚相談所で活動する場合は入会費用や活動費、成婚料など、必ず費用がかかります。

これは無料で出会えるツールが増えている世の中で、結婚相談所は敷居が高いと言われる理由でもあります。しかし言い方を変えれば、無料で出会えるツールが増えている世の中で遊びや犯罪を目的にわざわざ費用を払う人はいません。

 

3.お見合いの返事や交際終了などは相談所を介して連絡

お見合いした後にお断りする場合や、交際を終わらせたい場合、自分から直接相手に伝えるのは少なからず精神的に負担がかかるものです。そして男女の別れ話はトラブルに繋がってしまうことも多いです。

「交際を断ったらストーカーまがいの嫌がらせを受けた」「別れ話をしたら暴力を振るわれた」など、ニュースなどでも時々耳にします。

結婚相談所ではこういった連絡は相談所を介して行うことがルールになっています。成婚まで結婚相談所がサポートに入ることで安全な婚活を提供することができます。

結婚相談所は書類準備の手間、そしてお金もかかります。手軽さが好まれる時代、お金をかけずに出会える時代に逆らっているように見られるかもしれません。しかしこの手間とお金は結婚相談所が絶対に欠くことが出来ない安全性を守るために必要なものです。手軽な出会いの場が増えているからこそ、

真剣に結婚を考える人に、安全で効率よく良質な出会いを提供するという結婚相談所の役割がより大きなものになってきていると思います。