ハイスぺ男子と結婚したいあなたへ

 

結婚するならより良い条件の人、理想の人と結婚したいと思うのは誰しも同じ。

口には出さずとも「家事も仕事も出来て、お金に余裕のある生活をさせてくれる爽やかイケメン、どこかにいないかなぁ~」なんて夢見ている婚活女性も実は少なくないと思います。

しかし現実問題、待っているだけで夢のような結婚が出来るものではありません。容姿も性格も良く仕事も出来て年収も高い、いわゆるハイスペック男子とどうしても結婚したいと夢見るあなたへ…。

 

夢と現実に境界線を……年収問題

目標を高く持つのは良いことです。自分がイメージする結婚生活を叶えるために相手への条件もつい貪欲になってしまう…しかし貪欲さによって夢と現実の境目が見えなくなってしまうと結婚は遠のくばかりです。

仮に相手への条件として「年収は1000万円以上」を希望したとしたら、これはものすごくシビアな婚活になります。国税庁の調査によれば、平成30年度の給与所得者(男性)の中で年収が1000万円以上だった人の割合は僅か7.7%、平均年齢は50代以上、その中には既婚者ももちろん含まれています。「年収1000万以上の未婚男性」がいかに世の中に少ないのかが分かりますね。

ハッキリ言って高収入の男性と結婚しようと考えるよりも、自分も働いて世帯年収で1000万円以上を目指す方が今の時代には合っているかもしれません。結婚したいなら夢と理想ばかりではなく現実としっかり向き合うことが必要です。

 

結婚=依存ではない

「ハイスぺ男子と結婚したら私は家にいて、とにかく彼を支えることに全てを尽くします!」という心づもりの女性は、残念ながら希望の男性から選ばれる確率は低いです。高い収入を得るような仕事をしている男性は、ビジネスでも色々な人と関わっていてそれだけ人を見る目も肥えています。自分に、或いは自分の収入に依存しようと考えている女性はすぐに見抜かれます。では、どういう女性がハイスぺ男子に選ばれるのでしょうか?

 

選ばれる女性はこんな人

前述のように依存しない、自立しているというのは大きなポイントです。これは経済面というよりは精神面が大きいかもしれません。仕事が忙しい、また仕事に対して向上心のある男性であれば、キャリアアップを目指す中で「どこかに連れてって」「もっと早く帰ってきて」などと奥さんから頻繁にせがまれてはうんざりしてしまいます。一人の時間も自立して大切に楽しめる女性であれば、男性も余計な気を遣わず仕事に集中でき、その分2人の時間も有意義にしたいと考えられるものです。

他にも、ある程度教養がある女性の方が話していて楽しい、周りに紹介しても恥ずかしくない品の良さがほしい、結婚するなら金銭感覚がきちんとしている人…など、やはりハイスペ男子に選ばれるには女性側も色々な魅力を持っていないと難しいということです。

 

そもそもスペックばかりに気を取られて「人」を見ない婚活は上手くいきません。そういう人は「自分」も見えていないからです。結婚したいと思う男性の条件を挙げる時に「この条件がそろっている人に選ばれる自分かどうか」も一度考えること。もし、ちょっと厳しいかも…と感じるなら、努力して選ばれる自分になるか、条件を現実的なものに近づけるかのどちらかです。ハイスぺ男子と結婚したいならまず見るべきは「現実」と「自分」です。