婚活で使える!プロのコミュニケーションテクニック

 

以前よりもテレビ電話などで連絡をとることが増えたここ最近「会話が続かない、盛り上がらない…」と自分のコミュニケーション能力に不安を感じる人もいるようです。テレビ電話でなくても、お見合いや婚活パーティー、やはり婚活をするならある程度のコミュニケーション能力は欲しいところ。

しかし特別話し上手だとか話題の引き出しが多いとかいう必要は全くありません。会話のキャッチボールが自然に続くことが大切。そのために今回はプロのカウンセラーやセラピストが使うコミュニケーションテクニック「バックトラッキング」をご紹介します。

 

バックトラッキングとは

バックトラッキングとは簡単に言うと「オウム返し」です。

会話の中で相手の言葉を繰り返したり、時々相手の話を要約したりするコミュニケーションテクニックです。ビジネス、恋愛、その他、対人コミュニケーションに関する書物などでもよく紹介されていて、婚活中でコミュニケーションに関する悩みがある人には是非知っておいて頂きたいものでもあります。

 

バックトラッキングの効果

・話を聞いてもらえているという安心感、喜びを感じられる

・自分の言葉が返ってくることで認められている気持ちになる

・自分の話を理解してもらえていることで自己重要感が満たされる

・自分と同じ言葉を発する(似ている、共通点があると感じる)ことで好感、親近感を持ちやすい

・会話にリズムが生まれてキャッチボールが続きやすくなる

等、たくさんの効果があります。

「この人は話をよく聞いてくれる人だ」「この人は自分の話を理解してくれる」と感じてもらえるだけで、好印象に繋がるのは自然なこと。婚活を経て夫婦関係になっても「相手の話をきちんと聞く」というのは夫婦円満の秘訣ともよく言われています。

 

バックトラッキングの注意点

コミュニケーションを上手にとるためのテクニックであるバックトラッキングですが、意識して多用しすぎると相手にとっては馬鹿にされたような気分になるなど逆効果になることもあります。ポイントとしては全てそのままオウム返しではなく相手の話の中の「出来事(○○に行った、○○をした)」と「感情(嬉しかった、悲しかった)」にバックトラッキングを使うのが効果的と言われています。この「出来事」と「感情」も全て拾おうとするとしつこくなりすぎるので、会話のリズムを大切にしながら時々使うのがおすすめです。

対面でもリモートでも出来れば欲しいコミュニケーション能力。バックトラッキングは「聞く」という受け身の行動を自発的にすることで相手からの信頼や好感を得やすくなります。婚活でのコミュニケーションに自信がないという方や、相手と会話が続かないと感じている方は是非試してみてください。