社交辞令で終わらせない!デートの約束は確実に

 

婚活パーティーや紹介などで会った人と「また今度ごはんでも」と話したけど結局そのまま会わずにフェードアウト…

お見合いで交際まで発展したものの、あまりデートが出来ていない…

次また会いたいと思うけど誘うのは苦手…

 

婚活している人の中には男女問わずこういった悩みを抱えている人がたくさんいます。

しかし「また会いたい」「デートしたい」という姿勢を見せないことにはお互いの関係も発展しません。どうしたら実現性の高い確実なデートの約束ができるでしょうか。

 

脱!社交辞令!自分から「本気度」を発信

「今度ごはん行きましょう」と言われたら「いいですね」「是非!」だけで終わらせていませんか?少しでもいいなと思う人、もっと知りたいなと思う人に誘ってもらえたなら、そこから確実なデートに繋げるようなアクションを起こしましょう。

一番シンプルなのは「いつ頃なら行けそうですか?」「来週の○○曜日はどうですか?」と具体的な日程を聞いてしまうことです。確実にその場でデートの約束をすることができます。ですが、意外と「相手も社交辞令で言っているかもしれないし…」と不安に思い、自分から具体的な日付など現実的な話を振れないという人も多いです。

そういう場合は例えば「行ってみたいお店があるんです」と相手に伝えて「どこ?そこに行こう!」とお店の情報を共有できれば、日程と同じくらい約束としての内容は詰められるうえ、事前にイメージを湧かせることで、デートへの楽しみな気持ちもお互いに持つことができます。

それでもまだ勇気がない、日時や場所など自分から提案するのも苦手…という人は、「また会いたい」という気持ちが本気であることが伝わるようにすることです。例えば

「楽しみです。次お会いした時は○○(相手の趣味など)のお話しが聞きたいです!」など単に会うことだけでなく、話したい事、聞きたいことなど、その中身を楽しみにしていることを伝えたり

「ごはん行きましょう!約束ですよー」と一言、加えたりするだけでも効果はあると思います。

 

 

今までなんとなくの社交辞令で、もしかしたら素敵なパートナーを逃しているかもしれません。約束を守る人、実現させる人は人としても信頼度が上がるうえ婚活中であればなおさら、出会いの数も増えていきます。デートの約束は自分から本気度を発信して、確実なものにするよう心がけてみましょう。