50代の婚活心得 ー相手に敬意を持つー

 

結婚相手と出会うための活動である婚活は「結婚したい」という気持ちがあれば年齢問わず誰でも出来ること。しかし、婚活は若い方が有利と考え「この年齢だから婚活してもムダ」と最初から諦めてしまう50代の方も多いようです。

婚活において若さは間違いなくセールスポイント。だからと言って若くないから…と結婚を諦める必要はありません。実際に50代以降でも婚活に励む人、そして結婚して幸せになっている人はたくさんいます。

50代からの婚活で大切なことの一つは相手に敬意を持つことです。年齢を重ねた分、たくさんの経験や知識を持っているのはミドル世代、シニア世代のセールスポイント。しかし、それをひけらかしたり、偉ぶったり、年下の相手に対して「まだあなたは若いからね…」なんて馬鹿にしたような態度を取ったりするのは問題外です。

例えいくつ年下でも、自分と違う時代を、自分と違う環境で、自分と違う生き方をしてきたその相手は、あなたが知らない新しいことを知っている、思いつかないことを思いつく、感じないことを感じられる相手です。「我以外皆我師」(自分以外のものは全て私の師である)という有名な言葉がありますが、そういう気持ちで相手に接することができる50代はとても魅力的だと思います。

仕事の場だって、自慢話ばかりの説教っぽい上司より、新人の話もきちんと聞いてくれて、さり気なくサポートしてくれる上司の方が誰からも好かれます。婚活の場も、どこも同じことですね。

正直、年齢を重ねると、人はプライドも高くなるし頑固になるし、知ったような口を利きたくなります。でもそういう人が多いからこそ、どんな相手にも敬意を持って接することが出来るオトナが、より素敵に見えるもの。そして対等な姿勢でいることで相手にとってもあなたが恋愛対象、結婚相手候補になりやすいのです。

 

結婚したいと思ったら動かなくては何も始まりません。コラボ大宮はミドル世代、シニア世代のご成婚実績も高く、婚活中の様々なご相談も個別に対応しています。年齢だけで結婚を諦めてしまっているという方は、ぜひ一度コラボ大宮の婚活無料相談にお越しください。