「また会いたい」と思われる人になるには?

 

婚活をしていて、婚活パーティーでのマッチング、お見合いなど、出会い自体はあるのになかなか交際に発展しない、1、2回会って終わりになってしまうことが多い…こんな悩みを持ったことはありませんか?

 

こういうことが続くとお見合いやデートの別れ際、笑顔の反面「またこれで終わりかな」「次はないのかな」とネガティブな気持ちが湧いてストレスになってしまうこともあると思います。婚活疲れに繋がるストレスはなるべく避けたいところ…。

そこで今回はファーストコンタクトから2回目、3回目…とデートを重ねられる人、「また会いたい」と思われる人の特徴を3つご紹介します。

 

①相手の話を最後まで聞く

婚活において「聞き上手」であることはコミュニケーションをとる上で基本というくらい大切ですが、相手が話している最中に自分の話を被せてしまったり、緊張のあまり次の話題なんかを考えて相手の話をきちんと聞いていない人も意外といます。男女問わず、最後まで自分の話をきちんと聞いてもらえると「この人は話しやすい」と好感を持ちやすいです。

 

②相手の話を覚えておく

話を聞くことと似ていますが、会話の中に出てくる内容を覚えておくことも大切です。1から100まで…というわけではありませんが、例えば誕生日や食べ物の好き嫌い、家族の話など、今後ふたりの関係が発展したら重要な情報となる内容は覚えておいて絶対に損はありません。また会話に詰まったときも「さっき言っていたアレって…」と話題を戻したり少し角度を変えて会話のネタにすることもできますし、相手も自分の言ったことを覚えてくれていると「自分に興味を持ってくれたのかな」「大切にしてくれそうだな」というプラスの印象を持ちやすいです。

 

③相手のことをほめる

やはり人間ほめられると気持ちがいいものです。話していて気持ちがいい人とは自然と「また会いたい」と思いますよね。ほめるのが苦手な人は相手が身に付けている服や持ち物などをほめるところからスタートでも十分です。また容姿をほめるのもいいですが、会話の中で「仕事熱心なんですね」「お友達に慕われているのが分かります」「家族思いなんですね」など内面をほめるようにすると更に効果的です。

 

必要なのは自分との時間を相手に心地よく感じてもらえるようにするちょっとした努力です。そしてあなた自身もその場、その時間を楽しむこと。「今回もどうせ…」と諦めずに今回のポイントを参考にしながら会話の仕方をブラッシュアップしていきましょう。