バツイチ子持ちの婚活ポイント

 

婚活を考える人の中には離婚経験がある方や元妻、元夫との間の子供がいるという方も多いでしょう。

しかし、バツイチ、子持ちということを引け目に感じて婚活に踏み出せないというのもよく聞く悩みです。人生経験は大切なアドバンテージなので引け目に感じることはありませんが、前もって意識すべきポイントは覚えておきましょう。

 

ひとつは自分の状況を前向きに割り切ること。「バツイチ、子持ち」という言葉で自分に呪いをかけるのはやめましょう。ネガティブな考えからくる自信のなさは必ず周りにも伝わります。それは本来ある魅力さえもかき消してしまうので婚活をするうえでは避けたいところ。「一度(結婚に)失敗している」ということは「一度は誰かに結婚相手として選ばれた経験がある」ということ。また子育ても精神的な強さや母性や父性といった愛情を生む素晴らしい人生経験です。はじめに書いた通り人生経験はアドバンテージ、魅力です。今の自分に自信を持って前向きに婚活に取り組む姿勢が婚活成功のための基本であり、大切なポイントです。

 

もうひとつ、一番に考えなければいけないのはやはり子供のことです。子供の年齢によっても再婚話の伝え方や再婚相手とのコミュニケーション、距離感など違ってきますし、子供がいるということを相手に伝えるのも勇気が要ることですが絶対に子供を無視して再婚話を進めてはいけません。

まず婚活をするなら子供がいることを相手に隠したり嘘をついたりしないというのは大前提です。言わなければいけないことを隠したまま交際が順調に進み後から「実は」と告白するのは相当なストレスです。またそれほど大切なことを隠して交際するのは相手に対して不誠実。結婚相談所やマッチングアプリなど事前にプロフィールを提示する場合は正しい情報を隠さず書くこと。自分が子持ちということを相手が知らずに出会った場合は、出来る限り早めに、遅くとも二回目に会うくらいに伝えた方がお互いにストレスが少ないでしょう。

また再婚は自分の人生だけでなく子供の人生にも大きく関わってくることです。相手があなたの子供のことを大切に考え接してくれるのか、あなたのいない場面でもそれが同様なのか。

子供は相手のことを家族として受け入れ心を開いてくれるか、再婚によってあなた自身との関係が悪化する心配がないか。

ハードルが高いかもしれませんが、実際にこの部分が欠如、不足していることから発生した痛ましい事件もたくさんあります。再婚してもお互いに大丈夫、家族になれる、という確信が持てるまでは時間がかかるかもしれませんがこれは妥協せずに見極めなければいけないポイントです。

 

意識すべきことを忘れずに、また親として子供への愛を大切にできれば、二回目、三回目でも幸せな結婚はできます。ずっと一人で子育てをすること、また先々子供が自立し一人きりで生きていくことは孤独が伴います。自分と子供の人生のために結婚したいと思うなら、自信を持って婚活に取り組みましょう。