お見合い成功のカギはポジティブな会話

 

婚活中、お見合いでの会話は相手のことを知るためにお互いに質問したり、かしこまりすぎずにその場を楽しもうという気持ちを持ってお話しできればOK。最低限のマナーを守っていれば細かい決まりはありません。

ですが、その場を楽しい時間にするために、また「交際したい」と思える相手であれば、自分も良い印象を持ってもらうために、意識できたらいいなというポイントはいくつかあります。

会話の中の言葉選びや話し方には人柄があらわれます。

言葉遣いが乱暴だと、やはり気性が荒いのかな?と感じてしまいますし、逆にきれいな言葉を選んで話す人は品があり性格も穏やかそうに感じます。

とは言え、話し方を変えるのは長年の癖のようなものもありなかなか難しいもの。でも「ポジティブな言葉を選ぶようにする」「会話の最後は前向きな言葉で終わらせる」これだけでもかなり印象は良くなります。

例えば「疲れた」という時は「頑張った」と言い換えてみたり、食事デートのときに珍しいものを食べた時には「美味しいけど変わった味」ではなく「変わった味だけど美味しい」とポジティブに完結できるようにすると明るい会話になります。せっかく同じ時間を過ごすのならば、お互いが楽しい、明るい気分になれる会話の方が気持ちいいですね。お見合いやデートといった特に気を付けたい場面ではもちろん、普段の家族や友人との会話の中でも意識してポジティブな言葉選び、言いかえをするようにしていれば、段々とくせづいてそれが自然にできるようになるはずです。ぜひ試してみてください。