加工写真のにがい思い出

 

結婚相談所、ネット婚活、マッチングアプリ…全ての婚活ツールに共通する、利用時に必要な準備のひとつが、顔写真です。

そしてこの顔写真はお相手選びの時にとても重要視される部分でもあります。

だからこそ、誰もがよりステキに写っている写真を使おうと考えます。年齢-10歳くらいに見える写真、不自然なほど肌が真っ白な写真、目の大きさが1.5倍くらいになった写真…パッと見ただけでは本人と分からないなんてことは正直「あるある」です。

 

しかし35歳事務職、S美さんが結婚相談所入会時に「この写真でお願いします」と提出した写真はとても自然体、むしろご本人より+3歳くらいに見えるものでした。

それまでアプリを使って婚活をしていたS美さん、実は写真でにがい経験をしていました。

 

アプリでマッチングした男性との待ち合わせ。当日の朝までメッセージのやりとりも順調だったのに待ち合わせに男性が現れません。30分待ってアプリを開くと信じられないことに「写真と違いますね」というメッセージの後、ブロックされてしまったのです。

マッチングアプリ利用経験者の声を聞くと、こういったトラブルは時々あるそうで、最初の待ち合わせの時、遠目から相手を確認し気に入らなければそのまま会わずに帰ってしまうのだそうです。なんて失礼な、結婚相談所では考えられないトラブルです。

 

「何がショックかというと、その通りだったから。アプリでばっちり加工した写真を使っていたから実物と違うと思われても仕方ない、相手の行動も失礼だけど自業自得な部分もあるから余計に落ち込んだ」とS美さん。

写真だけ変えるという方法もありましたが、無断・心ないメッセージからのドタキャンが出来てしまうシステムにも今後の不安を感じ、婚活方法も写真と一緒に変えるという決断をしたそうです。

 

 

以前の写真とは正反対の、自然体な写真を使った現在のS美さんの婚活は「写真よりきれいですね」と言われることが多くなり、お見合い後に交際を申し込まれることも増えました。