マスク生活に適応して印象UP

 

コロナウイルスの感染拡大によって新しい生活様式がどんどん広がる今。はじめは戸惑いだらけだったマスク生活も「いつまで続く?」という不安は抱えつつもかなり慣れてきたという人も多いはず。

 

婚活をしていてもマスクでお見合い、マスクでデートという場面も当然あると思います。そんな時、マスクをしていない時と同じ髪型、メイクで印象はどうなのか、考えたことはありますか?

マスクをすると顔の半分が隠れてどうしても全体が重く、暗く見えてしまいます。それでも髪型やメイクで明るい印象をつくることは可能です。例えば前髪。下ろしていると小顔効果や若く見られると言われることもあるかもしれませんが、マスクで半分隠した顔の面積をさらに前髪で隠してしまうと、表情も見づらく暗い印象になってしまいます。下ろすのであればすき間をつくるシースルーバングや斜めに流して目元がしっかり見える形の方が明るい印象になりますね。

メイクも、肌をきれいに見せようとファンデーションを重ね塗りしてしまうとマスクでこすれた時によれが目立つなどマスク生活の落とし穴は色々なところに。マスクで口元が見えないと、きつい顔に見えやすいので目元に使う色を優しい色や淡い色を選ぶなどの工夫をしている人もいます。

 

普段は全く問題なかった髪型やメイクも、マスクとのバランスを見ると違和感に気が付くこともあります。視覚から入る第一印象は婚活でもほかの場面でも重要な部分。メイクや髪型も新しい生活様式、マスク生活に適応して印象UPを心掛けてみてはいかがでしょうか?