ロマンチストな男性と現実的な女性

 

一般的に、男性にはロマンチストな人が多く、それに比べて女性は現実的な人が多いとよく言われますが、 婚活の様々な場面やカップルの様子を見ていると、これによく当てはまると感じることがあります。

 

例えばお見合いで初対面にも関わらず

女性から結婚観について質問攻めにされる男性。

子供は何人欲しいか、どこに住もうと思っているか、家事は協力してくれるか、老後は…?

など、まさに現実的な内容ばかり。もちろんお見合いだからその目的が結婚だということは男性も理解しています。でも初対面で矢継ぎ早に現実的な質問を浴びせられるのは、あまり気持ちの良いものではありません。

この場合、女性側は、結婚観の前にまずは相手のことを知ろうという姿勢を見せるべきです。ゴールが結婚であっても、まずは相手の仕事や趣味のことから質問するなどその人への興味を示してほしいところ。

そうしないと焦りが見えすぎて引かれてしまいます。婚活とは違う場で結ばれたカップルの場合も、女性側の結婚したいアピールに耐えられず「結婚がしたいだけで僕じゃなくてもいいんじゃない?」と、諍いが起きてしまうのはよくある話。

結婚をするうえで確認しておきたいことはたくさんあると思いますが、単刀直入にズバズバ質問しなくても、自然な会話の中で必要な答えが出てくることもあります。

 

結婚の条件だけが合えば幸せな結婚ができるわけではありません。相手のことをきちんと知ること、相手の気持ちも考えて行動すること、婚活にも結婚にも、思いやりが大切です。