晩婚は何歳から?

 

メディアなどで時々「晩婚化が進んでる」なんて言葉を聞きますが、そもそも「晩婚」というのは何歳からのことを言うか知っていますか?

正確な定義はありませんが、一般的には平均初婚年齢を過ぎてからの結婚を「晩婚」と呼ぶようです。

厚生労働省のデータによると、平成27年時点で

男性の平均初婚年齢31.1歳、女性の平均初婚年齢は29.4歳なのでこれを超えた年齢、つまり男性32歳、女性30歳からが晩婚ということになります。

「意外と早い!」と感じる人が多いのではないでしょうか?

「え?30歳になったから婚活しようと思ったところなのに、もう私、晩婚になっちゃうの?」なんて言う声も聞こえてきそうです。30歳を過ぎてからの結婚も今は珍しくありません。また「晩婚」という言い方自体、あまり良いイメージを持てない原因な気もしますが、人生経験を積んでいる分、冷静に相手を見極めることができたり、親や親戚との関わり方も上手く立ち回れたり、年を重ねてからの結婚ならではの良さもあります。

早婚、晩婚…あまりネーミングやイメージに捉われ過ぎず、結婚をしたいと思ったらいつでも自信を持って婚活を始めて欲しいと思います。