婚活に苦戦する子供部屋おじさん

 

「子供部屋おじさん」という言葉を知っていますか?

 

結婚をせず実家に住み続け、家事は母親に任せて、働いたお金は全て自分のために使っているような成人男性、年齢はハッキリ定義されていませんが、大体30~40歳以上になると、子供部屋おじさんに分類されてしまうようです。

もともとはネット上で使われていた造語ですが、未婚率の上昇と共に子供部屋おじさんも増加していることでテレビなどのメディアでも取り上げられるようになりました。同じように実家で悠々自適に暮らす「子供部屋おばさん」も存在しますが、「子供部屋おじさん」の方が異性からの拒否反応が強く、問題視されることが多いようです。

ここには息子を「子供部屋おじさん」にしてしまう母親への拒否反応(「息子溺愛で甘やかしすぎる母親、子離れできていない人が姑なんてイヤ!」)も含まれているかもしれません。

 

実家に住み続けるというのは、親御さんの介護などハッキリした理由がある場合はいいですが、なんとなくお金もかからず楽だから…ということであれば、やはり精神的にも子供のまま、自立心が足りないと思われてしまいます。

 

共働きが主流となっている今、婚活市場では男性にも生活力が求められます。実際に一人暮らしが長い、掃除、洗濯、料理…一通りはできるという男性は女性から良いリアクションを得やすいです。

 

「子供部屋おじさん」のまま婚活をすると間違いなく苦労します。生活力を高めるため、また金銭感覚などを養う意味でも、出来る限り自立した生活をしましょう。