出会いの数より大切なこと

 

たくさんお見合いをすること、婚活パーティーなどの出会いの場にたくさん行くことは婚活を成功させるうえでとても大切なことのひとつです。出会いの数だけチャンスがあり、繋がるご縁があるからです。

しかし、数えきれないほどお見合いをしても、毎週お見合いパーティーなどに参加していても、全く進展がない、交際に繋がらない、という悩みを持っている人も少なくありません。努力しているのに手ごたえを感じられない、結果に繋がらないというのはもどかしく、婚活に対してのモチベーションの低下、婚活疲れの原因にもなり得ます。

そんな状況を打開するために一度見直してほしいのは出会った相手に自分が心を開いているかどうか。

出会いの数はもちろん婚活において重要なものですが、せっかく何らかの形で出会えた相手でも、心を開いていなければ良い印象を残すことも出来ず、次のステップに繋がるようなご縁にはなりません。

初対面であれば緊張もするし、何を話せばいいんだろうと悩む気持ちも分かります。だからといって黙ってていいわけではないのです。どうしても話の入り口が見つからないときは緊張していることをそのまま話してもいいです。お相手からも「自分も実は人見知りで…」「こういう場所は初めてで」と、話してくれる確率も高くなりますし、そこでお互いの性格に共通点が見つけられるかもしれません。

出会いの数も大切ですが、その時に心を開けていたかどうかの方が実は重要なのです。心を閉ざしたままではやはり壁を感じ、近づき難くなっていしまい、せっかくの出会いもチャンスに変えられません。婚活で積極的に出会いを求められる力というのは大きな武器になります。それを無駄にしてしまわないように心を開いた状態でたくさんの出会いの場に行ってみてください。