毎年違う?結婚記念日の意味

 

今回は婚活で素敵なパートナーと結ばれたその後、結婚後のお話しです。婚姻届けを提出し入籍した日が夫婦二人の結婚記念日となるわけですが、この結婚記念日に毎年違った意味があるのをご存知ですか?

有名なのは25年目の「銀婚式」や50年目の「金婚式」

これもただ名称だけではなく夫婦の関係について「いぶし銀のように深みのある美しさを」「金色の輝きのような豊かさを」といった意味が込められています。

実は結婚記念日には、結婚60年目の「ダイヤモンド婚式」(意味:長寿と一族の繁栄を)まで毎年違った名称と意味があるのです。少しだけ紹介すると

 

1年目:紙婚式/真っ白な白紙の未来にふたりの夢や未来を

2年目:綿混式・藁婚式/二人の将来のために質素倹約を

3年目:革婚式/倦怠期になりやすい時期、革のように粘り強くお互いしなやかな気持ちを

4年目:花婚式/3年目を乗り越え花が咲き実がなる時期

5年目:木婚式/ようやく二人が1本の大木のようになる

 

いかがでしょうか?結婚記念日のお祝いの仕方として、お花のプレゼントや外食などもありますが、例えば1年目は手紙、2年目は綿製品…というように毎年の結婚記念日の名称にちなんだ贈り物をし合うというのも素敵ですね。