プラスの気持ちはどんどん言葉にしよう

 

婚活中、パーティーやお見合いで自分が相手にどう思われているか、どんな印象を与えたか、多くの人が気になることだと思います。そんな場面で自分の気持ちをプラスの言葉、ポジティブな言葉でさらりと伝えることが出来ると関係は進展しやすくスピーディに婚活が進みます。例えば相手のちょっとした行動や自分に対する気遣いに対して「優しいんですね」「ありがとうございます、とても嬉しいです」など、会話の中で素直に伝えられると、相手にとってもそれは好印象だったり、安心できたりするものです。せっかく、いいな、素敵だな、と思える相手と出会えてもそれを全く言葉や態度で表現しないでいると、相手は不安な気持ちになったり、何を考えているか分からないなと思われてしまうこともあります。勿体ないですね。プラスの気持ちは惜しみなくどんどん言葉にしましょう。気持ちを言葉にすることに慣れていないと「そんなこと言って逆に変に思われないか」と心配になる人もいるかもしれませんが心配無用。いきなり「好きです」と告白するわけでもなく、相手に返事や反応を求めたり負担をかけることはありません。それに結婚生活の中でも自分の気持ちや「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えることは必要不可欠です。婚活やその後の結婚生活をスムーズに良好に進めていくために、ぜひ意識して実践してみましょう。