ジューンブライド

 

6月と言えばジューンブライド。婚活中の方の中にも、憧れる方、意識する方も多いかもしれません。

ところでジューンブライドという言葉の意味や起源、知っていますか?

ジューンブライドとは「6月の花嫁は幸せになれる」という結婚にまつわる古くからの言い伝えです。

起源はヨーロッパ。ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で結婚や出産を司る女神、juno(ジュノ)が守護する月が6月であることから、この月に結婚すると幸せになれると言われています。

また昔のヨーロッパでは3月から5月は農作業が大変忙しくなる時期で結婚はその期間中禁止されていたそうです。6月が結婚の解禁月であったことから祝福ムード満点でお祝いされる花嫁は幸せになれると言われるようになったという説もあります。日本では6月は梅雨の時期にあたりますが、ヨーロッパでは一年間で一番雨が少なく天気の良い日が多い時期なので結婚式の時期として好まれる傾向もあるそうです。ヨーロッパが起源のジューンブライドですが、この言い伝えが世界で愛されているのは、多くの人に祝福され、幸せな結婚をしたいという願いは世界共通ということですね。