年齢別に見る!正しい婚活の取り組み方~男性編~

 

前回のコラムでは女性の婚活の取り組み方についてご紹介しました。同じ婚活と言っても、二十代、三十代、四十代以上と年齢によって意識すべきポイントなどそれぞれ違いがありましたね。男性の婚活の場合はどうでしょうか?

 

二十代の婚活

二十代の男性が婚活というと、「もう?」「まだまだ遊べるのに!」と周りからまだ早いと言われることもあると思います。確かに男性の婚活の場合は若さが大きな魅力になるかというと妊娠出産もない分、女性と比べるとそこまで重要視されるイメージもなく、それならば急がなくても…と考える人は多いです。また経済面など場合によっては不利になることもあるかもしれません。しかしその分、婚活市場にライバルが少なく、真面目に婚活をしていれば、若いのにしっかり将来を見据えている、将来設計ができているというアピールも出来ます。自分自身が結婚したい、婚活しようと決めたなら周りの意見に振り回されず堂々といつからでも始めて欲しいと思います。意識すべきこととしてはアピールポイントを間違えないこと。多くの女性は結婚相手に落ち着きや安心感、包容力を求めます。つまり若いだけではアピールポイントになりません。婚活において男性の若さというのは“若いのにしっかりしている、頼れる、甘えさせてくれる”…女性が求める安心感をしっかりと持ち合わせてこそ、“若いのに”というギャップとなって、大きな魅力、アピールポイントになるのです。

 

三十代の婚活

三十代になると徐々に周囲に既婚者が増えて、そろそろ自分も結婚したい、家庭を持ちたいと考える男性が増えます。同時に仕事面でもある程度キャリアを積み上げて忙しくなる人も多いですね。しかし忙しいからと言って片手間で婚活をしていては結果にはなかなかつながりません。仕事を理由にお見合いやデートを後回しにしたり、女性との連絡を疎かにしてしまうと結局なかなか結婚できずに年を重ねてしまうことも多いのです。もちろん仕事も大切ですが三十代男性の婚活はライバルも多い分、しっかりと女性に誠意を見せるのがポイントです。積極的に動き相手ときちんと向き合うこと。この基本を忘れずに婚活に取り組みましょう。

 

四十代以上の婚活

四十歳を過ぎて婚活が厳しくなるのは女性だけに限りません。妊娠や出産がない男性でも女性から年齢ではじかれてしまうことはあります。いくら年齢を重ねた分の安心感や包容力、安定した収入があっても自信過剰になってはいけません。武勇伝や自慢話を延々と女性にしてしまったり上から目線で話をしたり、ましてや自分の年齢を棚に上げて若い女性にばかりアプローチしたりしていませんか?こういう失敗例、アラフォーアラフィフ男性には多いです。安心感や収入面、アピールすべきところはしっかりしてほしいですが、大人の男性だからこそできるレディファースト、紳士的な振る舞いや丁寧に女性と接することを忘れないでください。自分の年齢を自覚し、偉ぶらないこと。相手にばかり若さなど良い条件を求めすぎないことです。

 

男性も女性と同じく年齢別の婚活パーティーやイベントなど、最初から年齢についての問題がクリアできるような場があれば積極的に参加してください。自身の年齢と、アピールポイントを見失わずに婚活に取り組みましょう。