婚活とメラビアンの法則⁉︎

 

今回は婚活を心理学的な視点から見ていきたいと思います。皆さまは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?

これはアメリカの心理学者でUCLAの名誉教授であるアルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念のことで、人が相手に与える影響や人は相手のどのような部分からその人の印象を決めているのか(見た目なのか?話し方なのか?話の内容なのか?)を研究と実験に基づき数値化したものです。数字で表すと視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%となっています。

視覚情報が55%というのは驚きですね。大事なのは見た目の印象ということですね。婚活において身なりがきちんとした清潔感を感じさせる服装や髪型が大切なポイントでもあるので数字的に立証されたということでしょうか。それと表情も大切なポイントでしょうね。笑顔でお相手とお話しすることも好印象を与えるポイントです。聴覚情報が38%となっているので声のトーンも大切です。ボソボソと話さず、相手にはっきりと明るく元気な声で話すことがいいでしょうね。

ここで興味深いのは言語情報がたった7%ということ。話の内容からは相手の印象を決めていないということですね。人の印象はきちんとした服装や髪型、表情、仕草など見た目の情報で判断するんですね。いいことを言っているのになぜか伝わらない人がいますよね?でもその逆で、たいしたことを言っていないのに説得力のある人がいます。それらは見た目の印象によって左右されているのかもしれません。お見合いは最初に会った時の印象がとても大切です。今回のことを踏まえてきちんとした身なりでお見合いにのぞみましょう。婚活でお悩みの方、コラボ大宮にお気軽にご相談ください。お待ちしております。