婚活って難しい?婚活初心者の失敗あるある3選

 

婚活を始めてみたはいいものの、なかなか上手く進展しない、いま自分がしている婚活で結婚できる気がしない…そんな悩みを抱えている婚活初心者の方、本気で婚活をするならなんとなくやっているだけではいけません。意外と奥深い婚活、成功すれば生涯の伴侶となる素敵なパートナーが見つかるだけではなく、自分自身のこともよく知れて、人間的な成長にも繋がります。そのために初歩的な失敗をしていないか、いま一度振り返ってみてください。

 

結婚生活のビジョンがないままのお子様婚活

婚活をするうえで、自分がどんな結婚生活を送っていきたいのかしっかりビジョンを立てておく必要があります。子供は欲しいのか、仕事は続けたいのか、どこに住みたいのか…など結婚後のイメージを質問されてタジタジになっているようでは結婚への道のりは長いかも。当たり前ですがパートナーは将来の結婚生活のビションがより近い人がベター。これだけは譲れない!という部分もクリアしていなければいけません。結婚後のイメージもなく、ただただとにかく結婚がしたーい!というのは無邪気すぎます。婚活スタートのきっかけはその気持ちだけでOKですが、婚活を進めるにあたり自分の中での結婚生活のビションはしっかりと持っておきましょう。

 

裸の王様?自分の市場価値を知らないまま異性を厳しく厳選!!

自分の条件に合う人が全然いない、好みじゃない人からばかりアプローチされて困る…そんな風に感じたことがある方、相手に注文をつける前にご自身のことを客観的に見直してみてください。相手に望む条件を厳しく設定しすぎていないでしょうか?自分にある問題を知らないまま相手にばかり要求するのでは、まるで裸の王様です。自分の年齢や収入などから考えて現実的に交際に発展させられそうなライン、条件をしっかりと考えましょう。

 

婚活歴だけ大ベテラン?お気軽婚活を長年継続中!

「気軽に出会える!」「無料婚活!」こんな謳い文句の広告も頻繁に目にするようになりました。婚活市場の広がりと共に街コン、婚活アプリ、相席居酒屋、出会いの場はどんどん増えています。誰もがより気軽に婚活を始められるようになるのは喜ばしいことです。ただし誰もが気軽にそこに入っていけるということは、冷やかしがいくら潜んでいてもおかしくないということでもあります。実は大して結婚願望がない人や、家の外で出会いを求める隠れ既婚者がいることも。そんな人たちの遊びに付き合ってどんどん時間が過ぎて年齢も、婚活歴も重ねてしまうなんて勿体ない、悔しいと思いませんか?真剣に、短期間で結婚をしたいのなら「お気軽」という謳い文句の婚活方法は避けることをおすすめします。

 

婚活に正しい、正しくないはありません。でも確実に成功しやすい婚活と成功しにくい婚活というのはあると思います。今のご自身の婚活に不安や疑問を持っているのであれば、またこれから婚活をスタートさせようと思っている方は、経験者から話を聞いたり、プロにアドバイスを求めることが結婚への近道になるかもしれません。