《親子婚活》「お一人様の子どもが心配!親が子に出来る最良の婚活サポート」

 

埼玉県さいたま市の仲人型結婚相談所コラボ大宮です。

「適齢期を過ぎているのに

結婚する気があるのか分からない」

「仕事ばかりで婚活や結婚の気配もない」

可愛い我が子の未来を案じて

子どもの婚活を手伝いたい、

良いパートナーに巡り合ってほしい、

と考える親御さんは少なくありません。

しかしやり方を間違えると

親子関係に亀裂が入ってしまうことも。

今回は良好な親子関係を維持しながら

お子様の婚活をサポートするコツをご紹介します。

否定しない、親の感情を優先しない

「30歳、40歳を過ぎて独身なんて恥ずかしい、情けない」

「周りの親戚や友達はもう自分の家族を持っているのに

どうしてあなただけ…」

大切な息子さん、娘さんだからこそ心配する気持ち、

結婚して、家族を持って幸せになってほしいという

親の想いは強く、それに伴い言い方や言葉もキツくなって

しまうことがあります。

しかしこれでは肝心なご本人のモチベーションは削がれるばかり。

むしろ反発心で婚活から遠のいてしまうことも

あるかもしれません。

そもそも「結婚」そのものに対する

概念、考え方も昔と今では違います。

「結婚」=「幸せ、安心」

「未婚」=「恥ずかしい、情けない」

と決めつけたような言い方をしてしまうと

「古い価値観」と切り捨てられ

話を聞く耳すら持ってもらえないことも。

良好な親子関係を壊さずに婚活サポートをするには

仕事を頑張っていること、

一人でも自立して生きていること、

今の子どもの状態を認めてあげること

からです。そのうえで

結婚に対してはどう考えているのか

本人の考えをしっかりと聞き

「困ったことがあれば言ってほしい」

「手伝えることがあればサポ―トしたい」

と「味方」であり「応援」したいということを

優しく伝えることが大切です。

 

誰の結婚相手?親の価値観で進めない

「もう少し収入が高い人の方がいい」

「年齢が離れているからその人はやめときなさい」

とせっかくお見合いを組めたり、交際に入れたりしても

親の判断基準で結婚になかなかたどり着けないという

パターンは親子婚活でありがちな失敗です。

親が結婚してほしい相手(条件)と

本人の結婚したい相手とは違います。

子どもの幸せのため!と熱心になるのはいいですが、

あくまでも「子どもの婚活」です。親の価値観が先行しないように

注意しましょう。

出来れば婚活開始時、特定の相手が出来る前に

本人の意見を聞いて、不安な点があれば擦り合わせをしておく

ことをおすすめします。

そのあとは子どもを信じて見守りましょう。

 

最後に

親子婚活で何より大切なこと。ハッキリ一言でいえば

「親が出しゃばりすぎない」ということです。

大切な我が子だからこその心配ですが、

その子供ももう一人の大人であり、また選んだ相手と

結婚生活を過ごすのは本人です。

進みたいのに進めない時に後ろから背中を押したり

困った時に一緒に考えたり、常に大切な子どもの

味方でいることが親子婚活の掟と心得ましょう。

 

 

 

 

婚活ダイアリー  も合わせてご覧ください♪

 

オンライン専用の婚活サポート始めました!

《料金は安く、安全性は抜群!》

本気の人だけのオンライン婚活

―LOVE FIRST―