仕事優先で婚活のタイミングを見失っている女性が気を付けたいこと

 

今、結婚と仕事の狭間で悩む女性が増えています。女性も30代くらいになると、それなりのキャリアを積み、責任ある仕事を任されたり、役職についたり、仕事の楽しさを感じそれが生きがいになってくる人もいますよね。でも周りをみると、「奥さん」になった人や「ママ」になった人がどんどん増えて自分とは全く違う生活をしている。仕事は楽しいけれど、結婚や出産はしたい、それならそろそろ婚活にも時間を回さないといけないのは分かってるけど……という女性に気を付けてほしいことです。

 

いつまで仕事モードを続ける?

仕事が好きというのは素晴らしいことです。「この年齢なのに婚活もせず仕事ばかりで…」と、これまでの自分を否定したりしないでください。今の世の中、仕事を頑張っている女性は男性から見ても魅力的にうつることが多いです。しかし、結婚や出産を検討しているなら、いつまで仕事を最優先にするか、いつから本格的に婚活に取り組むかを決める必要があります。人によってタイミングは異なりますが、例えば20代なら「30歳になったら婚活を始める」30代前半なら「35歳になったら結婚相談所へ登録をする」など、自分の中でタイミングを決めておきましょう。

 

最初のうちは、出来ることから婚活を始める

いきなり仕事と婚活をフルでがんばろうとすると大変です。そして早く結果を!と焦っていっぱいいっぱいに頑張りすぎると疲れてしまいます。まずは出来ることからでいいのです。紹介を頼めそうな友人をリストアップし、一人ずつお願いしていく、週末を使って婚活パーティーに参加する、近くの結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみる、など。いきなりフルマラソン状態に入ると、婚活に行き詰まったときの反動が大きく辛くなってしまうかもしれません。まずは出来ることから始めていきましょう。

 

結婚相手の条件は?

婚活を始める前に考えておきたいことは、どんな人と結婚したいのか、ということです。仕事を続けたいなら結婚生活と仕事の両立を考えて、率先して家事を手伝ってくれる人、など自分の希望する結婚生活が成立する相手の条件を考えておきましょう。あまり理想が高すぎても問題ですが、「これだけは譲れない」というものを自分の中ではっきりさせておくことは必要だと思います。

 

仕事が好き、バリバリ働いている女性は素敵です。しかし、婚活をするならやはり早めの方が男性から声がかかりやすいですし良い条件で結婚できる可能性も高いです。また出産にはタイムリミットもあります。タイミングを見失い続けて後から後悔しないように、仕事とプライベートのバランスを見直しながら婚活をスタートさせましょう!