結婚相談所の裏事情!?加盟している連盟が一緒ならどこに入っても同じ!?

 

「結婚相談所のホームページにある○○加盟店てなに?」

婚活で利用する結婚相談所を比較検討するとき、こんな疑問を持ったことはありませんか?今回は結婚相談所が加盟する連盟についてと、利用する結婚相談所を選ぶ際に、その連盟を重視すべきかどうかについてのお話しです。

 

結婚相談所が加盟する連盟とは?

結婚相談所に入会した会員の情報を共有するネットワークのことを言います。コラボ大宮はNNR(日本仲人連盟)BIU(日本ブライダル連盟)良縁ネットの3連盟に加盟、他にも大手だとIBJやJBAなどがよく知られていると思います。

例えば自社会員が100人の結婚相談所。連盟に加盟していない場合はその100人の中で会員同士、条件がマッチする人を紹介しないといけませんが、会員数が5万人の連盟に加盟していればその5万人の中からマッチする人を紹介することができます。

この仕組みによって、中小の結婚相談所、個人の結婚相談所であっても数万人のお相手の中から素敵な人との出会いを提供することができるのです。

 

連盟が同じならどこの結婚相談所も一緒ってこと?

「じゃあ加盟している連盟が一緒ならどこの結婚相談所に入っても同じってこと?」

…と思いますね。

その通り。加盟している連盟が同じなら見られるデータや出会える可能性のある人は一緒です。だからと言ってどこの結婚相談所に入っても同じというわけではないんです。同じなのは出会える「可能性のある人」であって「出会える人」が必ずしも同じとは言えません。これは結婚相談所のスタイルによるものです。

 

結婚相談所のスタイルによって結果に違いが出る

例えば同じ連盟に加盟している結婚相談所A社とB社。

A社は料金は少し高いけどサポートが手厚く、アットホームな雰囲気がある

B社はサポート体制はあまりないものの利用料が安い

サポートか、安さかという分かりやすい比較ですが、結婚相談所での婚活においてサポートというもの軽んじてはいけません。

まず結婚相談所に入会をしたら連盟にデータを共有するためのプロフィールをつくることになります。このプロフィール次第でどんな人と出会えるのか(お見合いが組めるのか)が変わってくるので、スタートにして最もと言っていいほど重要な部分です。

サポート体制のないB社の場合、人柄についてなどの記述は定型文のようなものばかりで無機質、また写真も好印象を与えないようなものや本人と分からないような写真でもそのまま使用してしまう…

一方でA社は、定型データの他に面談の際にA社のスタッフや仲人が感じた会員の人柄を詳しく記載するなど、会員の魅力をふんだんにプロフィール内に散りばめます。写真も本人の良さが伝わらないものであれば別の写真の使用を提案するなどして、本人の魅力が伝わるようこだわってプロフィールをつくります。

この時点でどちらの方が多く出会いの可能性があるか分かりますね。

これはお見合いの後の交際、結婚までの過程でも同じです。交際中に悩みが出来たりフォローが欲しい時、サポート体制のあるA社であればアドバイスを受けたり一緒に軌道修正を図ることができますが、B社の場合は自分の力でどうにもできない限りはそこで相手との関係は終わり、また0からのスタート…そうなると結婚に至るまでのスピードも両者で違いが出てきます。

 

結局のところ結婚相談所を比較する時、連盟は重要?

結婚相談所のスタイルによって結果に違いは出ますが、やはり基本的に自分が選ぶことができる相手の人数、また自分のデータを見てもらえる人数という単純な部分では少ないよりある程度の数があった方がいいでしょう。そういう面では利用を検討している結婚相談所が加盟している連盟は必ずチェックするべき重要なものだと思います。

一方で、可能性は数多くあるのに、その可能性を潰してしまうような婚活をしてしまっては元も子もありません。多くの可能性、プラス自分の魅力を一緒に見つけて可能性を広げてくれる、そんな結婚相談所を選ぶことが短期間で幸せな結婚を目指せる近道と言えるでしょう。結婚という人生の大きな決断に関わることです。結婚相談所を比較検討する時は加盟している連盟、そしてどんなサポートをしてくれるのかというところまで細かく見て決めてくださいね。