さいたま市大宮盆栽美術館

さいたま市大宮盆栽美術館フェイスブックより

 

今回は埼玉県さいたま市にある「さいたま市大宮盆栽美術館」を紹介します。

盆栽というとおじいちゃんの趣味とか地味なイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも今や盆栽はBonsaiと言われ、外国の方も愛好家がいるほどグローバルなアート作品として親しまれています。大人のデートにたまにはこういった美術館もいいのではないでしょうか。

この盆栽美術館のそばには盆栽町という街があります。昔、植木職人が多く住んでいて、その職人の中には盆栽専門の職人がおり、盆栽育成に適した土壌であったことから盆栽園が多数あり、それもあって盆栽村(現在、盆栽町)が生まれました。

この盆栽美術館は、盆栽をあつかった世界で初めての公立の美術館です。盆栽は鉢の中の植物による造形美を楽しむもので、小さな鉢の中に自然そのものの景色を創り出しています。盆栽は全体の姿を見るだけでなく、根や幹、枝、葉など各部分も見どころがあります。

長い年月を経て創り出す盆栽はとても貴重なもので、この美術館の作品は高額な盆栽がほとんどです。中には1億円を超える盆栽もあるそうです。ぜひ見つけてみてはいかがでしょう。日本が誇る芸術作品を間近で見学できる貴重な美術館です。暑い季節は美術館などのデートはいいかもしれませんね。アクセスなど詳しくはホームページをご覧ください。

http://www.bonsai-art-museum.jp/ja/

前の記事

すみだ水族館

次の記事

吹割の滝