すみだ水族館

すみだ水族館フェイスブックより

 

今回は東京都墨田区にある「すみだ水族館」を紹介します。

すみだ水族館は東京スカイツリーのふもとにあるソラマチと呼ばれる商業施設の中にあります。都内有数のデートスポットとしてカップルに人気のある水族館です。

ここの特徴は国内で2番目、関東では初の完全人工海水の水族館であること。水槽の水は魚たちを飼育しているとどうしても汚れていきます。そのため、水族館の水槽は定期的に水の入れ替えを行います。海に近ければ良いのですが、内陸にある水族館の場合は海水運搬が困難です。人工海水はろ過システムを組み合わせながら年間を通して一定の水質を維持が可能なため、水槽内の生物に快適な環境を提供することが可能になりました。

また、すみだ水族館の魅力の一つとして挙げられるのは、伊豆諸島・小笠原諸島をはじめとする219の島々「東京諸島」の海をテーマとした彩り鮮やかな魚が群れを成して泳ぐ大水槽です。すみだ水族館にいながら世界自然遺産の小笠原諸島の海の世界を楽しめます。

そのほか、クラゲゾーンはカップルに人気のコーナーです。大小の水槽にたくさんのクラゲが漂い、幻想的な雰囲気を観察できます。クラゲ万華鏡トンネルは約50mのスロープと壁に約5,000枚の鏡を敷き詰め、万華鏡のような独特の空間を作り出しています。万華鏡から見るクラゲはなかなか見ることができない不思議な光景ですよ。

すみだ水族館ならではのコーナーと言ったら江戸リウムです。江戸をテーマにした日本最大級の金魚ゾーンで、日本の和を感じる装飾デザインと色鮮やかなワキンやリュウキン、ランチュウなどの金魚とのコラボレーションにアートを感じます。

こうした水族館デートは一年中楽しめますが特に暑さが厳しい夏場には最適です。東京スカイツリーもそばにあるのでどちらも楽しめますね。営業時間や入場料など詳しくはホームページをご覧ください。

http://www.sumida-aquarium.com

前の記事

尚仁沢湧水