猿島(さるしま)

 

今回は神奈川県横須賀にある猿島(さるしま)を紹介します。猿島と聞いて猿のいる島かなと思われた方もいるかもしれませんが猿はいません。島名の由来は日蓮上人が船上で嵐に遭ったとき、白猿が現れ猿島まで導いてくれたという故事に基づいています。実は猿島は東京湾で唯一の無人島なんです。でも横須賀の三笠桟橋から船で10分くらいの比較的近い場所にあります。

この島は旧日本軍の要塞島でした。要塞島でありながら戦争の被害をほとんど受けておらず、関東大震災の被害も受けていません。ですから当時の史跡や手付かずの自然が今なお残されている貴重な島です。SNSでも話題になっているためか観光客が増えてきています。

この島でぜひ見ていただきたいのがレンガで出来た建築物です。フランス積みと呼ばれるレンガの長い部分と短い部分を交互に積んでいく建築法で出来た建物で、日本で現存するのはここを含めてたった4ヶ所しかありません。

自然の中で埋もれるように残る史跡は、スタジオジブリのアニメ映画「天空の城ラピュタ」の建造物とどこか似ています。写真を撮るととても絵になりますし、インスタ映え間違いなしのスポットです。

夏は海水浴などマリンスポーツも行えますし、バーベキューも楽しめます。たまには島旅デートを楽しんでみてはいかがでしょう。入園料等詳しくはホームページをご覧ください。

https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4130/sisetu/fc00000431.html

前の記事

さきたま古墳公園

次の記事

日原鍾乳洞