さきたま古墳公園

 

今回は埼玉県行田市にある、さきたま古墳公園を紹介します。意外と知られていませんが行田は大型古墳が集中しています。さらに行田では国の指定を受け、さきたま風土記の丘として整備・活用されてきました。さきたま古墳公園は昭和51年に古墳群との調和のとれた鑑賞・保護、散策を目的として開設されました。

広大な園内には古墳群が9基もあり、さきたま史跡の博物館、はにわの館、将軍山古墳展示館、移築民家、休憩舎、芝生広場などもあります。鍵穴のような形をしている前方後円墳を間近で見ることが出来る貴重なスポットです。

そのほか、おすすめなのが、さきたま史跡の博物館とはにわの館です。さきたま史跡の博物館では、古代の装飾品「まが玉」を作る体験ができます。まが玉づくりは同館一番人気のコーナーとのこと。白やピンク、黒の滑石を紙ヤスリで磨き、オリジナルのまが玉を作ることができます。この体験で作成するまが玉は、稲荷山古墳から出土した国宝に指定されている「まが玉」と大きさを同じにしているそうです。まが玉づくりは9時10分~、10時40分~、13時10分~、14時40分~に実施。所要時間は約80分(有料)。

はにわの館では自分だけのオリジナルはにわ作りが体験できます(有料)。まが玉もそうですが、はにわ作りが出来るって全国でも珍しいかもしれませんね。はにわ作りは事前に予約してから行ったほうが良いでしょう。お二人で、まが玉やはにわを作りながら楽しい時間が過ごせると思います。出来上がった作品はお二人の思い出にもなりそうですね。

公園内を散歩するのもいいですし、史跡や資料館を巡ったり、手作り体験をしてもいいですね。気になった方は行かれてはいかがでしょうか。詳しくはホームページをご覧ください。

http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/?page_id=109