ミュージアムパーク茨城県自然博物館

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、15.8ヘクタールの広大な敷地を持つ,日本最大級の自然博物館です。屋内の常設展示スペースは「宇宙」「地球」「自然」「生命」「環境」の5つの分野で構成され、分野ごとにストーリー性のある展示が楽しめます。今年3月(2017年)には動く恐竜コーナーがリニューアルされました。ティラノサウルスの祖先にあたる恐竜に羽毛が生えていたことが近年発見され、それをもとに羽毛の生えたティラノサウルスを展示しています。しかも声を出しながらリアルに動きます。

また、雑木林・谷津田・沼など里山的環境を合わせ持つ東京ドームの約3.5倍の広い敷地を誇る野外施設ではゆっくりおしゃべりしながら豊かな自然の中を散歩できます。

さらに、年に数回の企画展・特別展や、動物・植物・地学をテーマとした自然講座や観察会などのイベントなども随時開催しているので、定期的に何度訪れても楽しめる施設です。

館内にはレストランもありますが、芝生広場や屋外ベンチもあるのでお弁当を持って出かけるのもいいかもしれません。1,000台も収容できる無料駐車場が完備されています。

住所:茨城県坂東市大崎700

電話0297(38)2000

入館料は通常期:大人530円、企画展開催期:740円

開館時間:午前9時30分~午後5時、毎週月曜休館日

ホームページはhttps://www.nat.museum.ibk.ed.jp/index.html

次の記事

濃溝の滝