意外と穴場⁉︎渡良瀬遊水地

 

渡良瀬遊水地は栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県にまたがり、面積は33km²、総貯水容量は約2億m³の我が国最大の遊水地。その遊水地にある谷中湖は洪水調節や水道用水の安定供給のため建設された貯水池の通称です。谷中湖をダムとしての利用し始めたのは平成2年から。今や周辺地域の生活を支える重要な役割を果たしています。

なお、渡良瀬遊水地は、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地であると認められ、平成24年7月にラムサール条約湿地に登録されています(現在、日本では50ヶ所が登録)。自然環境が豊かで、ヨシ原は全国でも最大級の規模。そのヨシ原には多数の動植物がおり、植物が約1,000種、鳥類が約260種、昆虫類が約1,700種、魚類が約50種もいます。生きている自然の博物館のようです。

遊水地には、くつろげる芝生の広場や売店、レンタル自転車もあります。広大な湖と自然を間近で体験できるので、ちょっとした観光気分を感じられるはず。埼玉からも近いのも魅力ですね。この広大な遊水地は真上から見るとハートの形をしています。恋愛に縁があるかもしれません。周辺の飲食店のなかにはハートのダムカレーなどを提供しているお店もあるそうです。

渡良瀬遊水地を利用できない日は毎週月曜日及び年末年始。洪水の前後も利用できない時がありますのでホームページでチェックしてから予定を立てるといいかもしれません。

場所や駐車場など詳しくはホームページでご確認ください。https://watarase.or.jp

前の記事

宝登山神社