お見合いの返事、迷ったら…

 

婚活でお見合いをしたとき、相手と今後お付き合いしたいのか、したくないのか、必ず返事をしなければいけません。でも良い・悪いの2つでは分けにくい、返事に迷うお見合いもたくさんあります。

「ちょっと違うかなっていう部分もあったけど会話は楽しかった…」

「お互い緊張でぎこちなかったけど、もう少し話したい気もする…」

など。迷ったらやめるのか、付き合ってみるか、どちらを選べばいいのでしょうか?

 

30代、看護師として働くA子さんはお見合いでお相手男性から過去の恋人の話をされてしまいました。

「初対面、お見合い、しかも全然会話も盛り上がってない、距離縮まってないのに元カノの話!?ありえない…」

空気が読めないというのか、デリカシーがないというのか…。「縁がなかった」とガッカリする一方で、仕草や言葉の端々から相手の緊張と誠実さを感じたA子さん。迷いに迷ってなんと交際希望の返事を出しました。

 

初めてのデートの日、その日は食べ物の好みが似ていることが分かったり、前より会話も盛り上がり楽しいデートが出来ました。そして彼から「この前はお見合いなのにあんな話をしてごめんなさい、何を話したらいいかパニックで…後からすごい後悔した…」とカミングアウト。

「楽しいデート中に蒸し返さなくてもいい話をわざわざ蒸し返しちゃうところも、やっぱり空気は読めてないけど彼の誠実さだと思った」と笑うA子さん。現在はその彼と新婚生活を満喫中です。

 

これはあくまで一例ですが、初対面、お見合いというのは、緊張しやすく失敗もしやすい場面でもあります。本来は一回でお返事を決めるというのがお見合いですが、その一回で相手の全てを知ることはできません。

せっかくの出会い、もし返事に迷うことがったら、もう一度会ってきちんと見極める、確かめてみるという気持ちの余裕があると結婚の可能性、その後の人生の可能性が広がるのではないでしょうか。