自分の弱みを見せる

 

婚活をしていると、お見合いやパーティーなど出会いの場、また交際に入ってからも相手とどうやって心の距離を縮めるか、上手くコミュニケ―ションをとるか悩むこともあると思います。

相手に好印象を持ってもらいたいと頑張る一方、色々計算、無理をしすぎて結局つまづいてしまうことも。

相手と距離を縮める方法はたくさんありますが、その中のひとつが「自分の弱みを見せること」です。

「好印象を持ってもらいたいんだから弱みを見せるのは逆効果では?」と考える人もいるかもしれません。

しかし弱みを見せることで「私はあなたに心を開いていますよ」という姿勢をアピールすることができるので相手もあなたに対して同じようにを心を開きやすくなるのです。

「僕、私はこんなことが出来る!こんなところが優れている!」と強味ばかりアピールしてくる人や完璧すぎる人よりも、自分の弱みも出せる素直さを持った人の方が信頼されやすかったり、その人間味が愛しく感じられたりするものです。また結婚するとなればお互いの足りない部分を補い合いながら一緒にいることになります。早い段階で得意不得意、長所短所を知っておくことは婚活自体の効率化にも、またその後の結婚生活にもプラスになることが多いはず。

はじめは勇気がいるかもしれませんが、弱みを隠しておくよりも「自分はこういう人間だ」と言えることで、自分も精神的に楽になり、前向きに婚活ができるようになります。前向きな婚活、そして相手との心の距離を縮めるために、自分の弱みを素直に見せていきましょう。