2018年結婚した人の○○利用が過去最高に!

 

婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)によると2018年に結婚した人のうち婚活サービスを利用していた人は32.3%と過去最高の利用率であったことが分かりました。少し前までは婚活中でも「婚活をしていることを周りに知られたくない」という人も多くいましたが利用率の増加と共に「恥ずかしい、知られたくない」と考える人は減ってきているように思います。無料アプリやSNSなど気軽にできる婚活サービスが広く普及したことも影響しているのでしょう。

また20代から40代の独身男女2,400名を対象に、利用経験別に婚活サービスに対するイメージを聞いた調査では「今後、婚活・恋活サービスを利用する人が周りで増えていきそうか」という質問に対して「そう思う」と回答した人は利用経験者で55.6%、非利用者で32.3%でした。一方、「婚活・恋活サービスは面倒くさいと思うか」という質問に対して「そう思う」と回答した人はサービス利用経験者で44.9%、非利用者で62.5%でした。この結果を見ると利用経験者ほど、婚活サービスに対して良いイメージを持ち、利用経験のない人ほど悪いイメージを持っているようです。先述の通り、実際に結婚した人の中でも婚活サービスを利用した人は過去最高。であるにも関わらず、マイナスイメージの先入観で婚活サービスを利用しないのはもったいないことです。婚活サービスの種類も以前より増え、その中で選択する大変さはあるかもしれませんが、どんなサービスでも、何もしないよりは結婚に近づけるはずです。結婚したいと思ったらまずはチャレンジすることから。先入観を捨てて一歩踏み出すことからスタートですね。

前の記事