お見合いは面接じゃない!

 

婚活をする中で「婚活疲れ」というものにぶつかる人がいますが、異性とのコミュニケーションをとることに苦手意識がある人や、あまり自分に自信を持てない人、相手の目に自分がどう映るか気にしすぎる人は婚活開始後、かなり早い時点で婚活疲れしやすい傾向にあります。

原因は様々ですが、なかには「とにかく自分を良く見せよう」「相手に気に入ってもらおう」という意識から、お見合いがまるで就職活動の面接のようになってしまうという人もいます。相手からお断りされるのが怖い、会話が盛り上がらないのが怖い、そんな気持ちから、無理に話を合わせすぎてしまう、質問にもなんとなく相手が良く思いそうな、異性受けが良さそうな受け答えをしてしまう等、頑張りすぎてしまうのが要因です。

お見合いは面接ではありません。就職活動の面接は先に情報をたくさん調べて「ここに入社したい、合格したい」という思いがあるから予め質問を予測したり、受け答えを練習したりします。しかしお見合いの場合は初めて会ったお相手から直接情報を得てその人を知ること、その上で自分自身も「選ぶ側」であることを忘れてはいけません。

生涯の伴侶を探しているのにその場だけ気に入られたところでその後つらくなるのは自分自身。もちろん最低限のマナーや気配り、会話を盛り上げようという心がけは大切ですが、自分がひどく疲れてしまうようなお見合いを繰り返している場合は改善が必要かもしれません。

「好かれよう、気に入られよう」よりも「楽しもう」という気持ちを持ちましょう。気持ちは態度や表情にも表れて相手にも伝わるものです。楽しい時間を共有することができれば、相手の気持ちも前向きな方向に動く可能性が高いでしょう。

婚活初心者、これからスタートの方、お見合いが苦手という方、ぜひコラボ大宮にご相談にいらしてください。コラボではお見合い時のマナーなどもしっかりとお伝えさせて頂きます。基本のマナーが守れていれば、怖がらずにお見合いを楽しみやすくなるはずです。