《50代の婚活》4つの成功ポイントを押さえて幸せな結婚を手に入れよう

 

50代で婚活をしているけど、お見合いが全く組めない、なんとか会うところまでこぎつけてもコミュニケーションが上手くとれずに苦戦している、と言う悩みをよく聞きます。年齢を重ねるにつれ婚活、結婚は難しいというイメージを持ってしまう人もいると思いますが、ポイントを抑えることで年齢関係なく短期間で婚活を成就させることは十分可能です。

そこで今回は50代の婚活を成功させるポイントをまとめました。

 

50代の婚活を成功させるポイント

身だしなみに気を遣う

同じ50代でも清潔感があり、品のある雰囲気で魅力的な人もいれば、オジサン、オバサン感が前面に出てだらしなく見えてしまう人もいます。年齢を重ねれば容姿に変化が出るのは当たり前。だからこそ中高年は身だしなみに気を遣っているかいないかが外見の差に大きく表れやすいのです。第一印象が良い人は、「自分の姿が相手にどう映るか」を考えられる人がほとんど。婚活なのだから中身が大事!とは言っても外見でNOを出されてしまえば中身の魅力も知ってもらえないまま終了です。髪は乱れていないか、靴は綺麗なものを履いているか、服のシワやヨレ等はないか…普段から身だしなみに気を付けて第一印象をアップさせましょう。

 

年の差婚に夢を見すぎない

50代、特に男性が婚活でつまずきがちなのはお相手選びです。子供も欲しいし相手はやはり若い方がいい、芸能人も結構「歳の差婚」しているし、自分もあわよくば…なんて考えて20代の女性にばかりアプローチしていませんか?年の差婚はたしかに実際にありますが、20代の女性が選ぶのは多くの場合、同年代から30代までの男性。50代となると突出した経済力など、アピールできる武器がなければ選ばれる可能性はほとんどありません。婚活では自分の希望だけではなく、自分のことを見てくれる、選んでくれるのはどんな人なのかを考えて相手を選ぶことが必要です。

 

相手の話をきちんと聞く

人生経験が豊富な50代。話の引き出しも多く、アピールしたい自慢話もあるかもしれません。でもコミュニケーションの基本は相手の話をきちんと聞くこと。自分の話ばかりをするのはNGです。お見合いでもデートでも次につなげるためには相手の話を聞き、一緒にいる時間を楽しいと感じてもらうことが重要です。

 

プライドも自虐もほどほどに

50代という大人な年齢。プライドもあると思いますが不安や心配なこと、分からないことは素直に口にしたり、人に頼ることも大切です。その方が親近感も湧き印象が良くなることもありますし、結婚相談所などのカウンセリングでも適格なアドバイスを受けやすくなります。一方で年齢をコンプレックスに感じ「オジサン、オバサンですみません」とか「もうこんな年齢で…」など自虐的な態度をとるのも相手が対応に困ってしまうのでNG。人の魅力は年齢で決まるものではありません。ポジティブな姿勢で婚活に臨みましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?難しいと思われがちな50代の婚活ですが、意識すべきポイントを押さえておくことで幸せな結婚に短期間でたどり着けるかもしれません。是非参考にしてください。