メールの難しさ

 

メールでのコミュニケーションというのは難しい場合があります。

自分の気持ちや伝えたいことを書いたつもりでもなぜか相手に伝わっていなかったり、何を書いたら良いか分からず一言しか書かない(そっけない内容のメール)などのメールになってしまったりと、誤解を与えてしまうことが起こることがあります。

直接会ったり電話で話す時は感情をのせて伝えることができるので、この人は気さくな人だな、明るい人だなとわかりますが、メールだとクールに感じたり、そっけなかったり感じることがあります。

それだけ、メールの内容(書き方)次第で、相手に与える印象が異なってきますので、より注意が必要です。そのほか、相手の質問に答えていない、返事が遅すぎる、送る時間が朝早すぎる・深夜遅くにメールするなどは論外ですので気をつけましょう。

メールというのは文字だけでしか判断されないものです。より慎重になって言葉を選ばなければなりません。メールが苦手な人は電話で直接話すなど、自分に合った方法でコミュニケーションを取るといいかもしれませんね。