幸せを呼び込む「ちょっとした丁寧」

 

婚活をしていると婚活パーティーや合コン、お見合いなどで、自分の結婚したい条件に当てはまらない人や、条件は合っても気が合わなそうな「この人じゃないな」という人と関わる機会もあると思います。そんな時にあなたはどういう対応をしていますか?

結婚に焦り、気持ちに余裕がないときほどどうしても「この人じゃない」と思った瞬間に態度が変わってしまったり、すぐにその場から離れてしまったり、相手にとっては気持ちの良くない対応をしてしまいがちです。「結婚相手を探すために婚活しているのだからそれでいいでしょ?」「この人じゃないという相手と会話を広げる時間がもったいない」そんな意見も確かに一理あります。ですが、そういう態度をもし近くで条件もぴったりの最高のパートナーになるかもしれない相手が見ていたらどうでしょうか?その場面だけ目撃した彼、彼女にとってあなたの第一印象は、良いものではありません。残念ながらあなたもその人にとっての「この人じゃない相手」になってしまうのです。「この人じゃない」と思った人と無理に会話を広げたりその空間に長くいる必要はありませんが、接した相手に最後まで丁寧に対応することは、周りから見たあなたの印象を高め、幸せを呼び込む可能性を高くしてくれます。目を合わせて会話をする、声をかけてもらったり、気にかけてもらったことに対して感謝の気持ちを持つなど…相手のためだけではなく、自分のために、ちょっとしたことから丁寧さを心がけてみましょう。