結婚するならどっち?自分と似ている人、似ていない人

 

恋愛、結婚する相手についてどんな人がいいのかというのは十人十色です。さらに自分と似ている人がいいか、それとも自分にないものを持っている違うタイプの人がいいのかとなるとハッキリ意見が分かれることが多いです。それぞれにメリット、デメリットがあると思いますが果たして恋愛、結婚するならどちらが良いのでしょうか?

 

自分と似ている相手と恋愛、結婚するメリット

・共通点が多いので初めから距離を縮めやすい、仲良くなりやすい

・大きな感覚のずれが少ないので一緒に過ごす時間のストレスやハプニングも少ない

 

自分と似ている相手と恋愛、結婚するデメリット

・自分と同じような短所を持ち合わせているのでそこが表面に出てくると自分の悪いところを見ているようでイライラする

 

自分と似ていない相手と恋愛、結婚するメリット

・自分にないものを持っているので視野が広がり新しい発見、刺激が多く楽しい

・自分に足りないものを補ってもらえているようで、相手に敬意を抱きやすい

 

自分と似ていない相手と恋愛、結婚するデメリット

・感覚的なもの、「普通」が違うので一緒に過ごす中でストレスやハプニングが起きやすい。

 

他にも色々な見方があると思いますがやはり両方に良い面、悪い面がありますね。自分と似ていない、違うタイプの人からの刺激というのはやはり新鮮で魅力があります。一方で自分にとっての普通、当たり前のことが通用しない相手と生活を共にするというのはストレスになる可能性も大いにあります。個人の好みや、どんな恋愛・結婚をしたいか、そのイメージによっても違ってくるでしょう。どちらのタイプであっても大切なのは相手を思いやる気持ちです。

 

自分と似たタイプの人と交際して問題が起きたとき「自分にもこういうところがあるな…」と相手を理解し譲る気持ちを持てれば、相手もあなたの寛大な心に感謝して愛情がより深まるかもしれません。自分と違うタイプの人と交際して問題が起きたとき、「自分とは違うけれどそういう考え方もあるんだな」とひとまず受け入れることが出来れば問題は深刻化せずに済みます。良い関係を築きたいと思える相手がいるならば、その人を受け入れる気持ちと思いやりを忘れないこと。相手が自分と似ているタイプ、似ていないタイプ、どちらであってもそれが良い関係を作る一番の近道になるはずです。