年齢別に見る!正しい婚活の取り組み方~女性編~

 

婚活に励む人の年齢層は大変幅広いです。早くから計画的にスタートする人、反対に結婚適齢期と呼ばれる時期を過ぎてから始める人、様々です。当然年齢も違えば婚活の仕方にも違いが出てきます。望まない独身貴族、婚活難民にならないために、自分の年齢に適した婚活への心構えや取り組み方をしっかり理解しておきましょう。

 

二十代の婚活

若いうちに結婚したい、三十歳までには子供が欲しい、こんな風に考える人は二十代のうちから計画的に婚活をスタートします。婚活はやはり若い方が有利。特に女性の場合はスタートが早ければ早いほどライバルも少なく圧倒的にモテます。ただ計画的かつ有利な二十代の婚活でも気を付けなければいけないこともあります。それは冷やかし、遊び、結婚を見据えない恋愛と混合されてしまうこと。若いがゆえに、まだ婚活するのは早い、結婚なんて先のことと考える人が周りに多いのも事実。そういう人が紛れ込む可能性のあるパーティーや街コン、SNSを婚活の場として選んでしまうと、結婚という目標には遠回りになってしまいます。反対に結婚相談所やしっかりした自治体の婚活イベント等、そこにいる人が間違いなく結婚を一番の目標としている場であれば、二十代という年齢は大きな魅力、選ばれる要素になり男性から声がかかりやすいです。たくさん声がかかるうちに婚活を始めれば、より理想の人に出会える可能性、理想の人と結婚できる可能性が高いのは想像がつくと思います。婚活する場を正しく選択できれば、二十代、早めの婚活スタートは大正解です。

 

三十代の婚活

三十代になると周りに既婚者が多くなり一気に焦りを感じる人も少なくありません。特に子供が欲しいと考える女性は35歳を過ぎるとリスクが高いとされる高齢出産と言われるゾーンに入ってしまうため、三十歳を迎えて婚活に本腰を入れ始める人も多くいます。三十代の婚活は行動力が一つの大きなポイント。二十代の頃のように黙っていても相手から声がかかるような状態ではなくなるので、出会いの場があれば積極的に参加して、気になる人には自分からどんどんアプローチしましょう。三十代の婚活は積極的に動けるか、受け身の状態を続けるかで明暗がくっきり分かれます。

 

四十代以上の婚活

四十歳を過ぎると女性の婚活はとにかく厳しくなります。まず結婚したら子どもが欲しいという男性からは選ばれにくくなります。また自分自身も人生経験を重ねている分、無意識に男性を見る目が厳しくなっていて、理想の人に出会うことが難しくなってきます。四十代女性の婚活で大切なのは現実から目を背けないこと。四十歳オーバーという婚活市場では不利な年齢になっている事実と向き合い、ひとつひとつの出会いを大きなチャンスと捉えて大切にしましょう。男性に対して厳しい評価をするのはやめて良い面をたくさん見るように意識することも大切。もちろん状況が厳しいと言っても婚活に励む男性の中には四十代以上の落ち着いた女性がいいという人や年齢については全く気にしない人もいます。自分次第でいくらでもチャンスは作れるのです。

 

年齢別の婚活パーティーやイベントなど、最初から年齢についての問題がクリアできるような場があれば積極的に参加しましょう。婚活、結婚について考え始める時期というのは、個人の生き方や考え方、周りからの影響などでそれぞれ違います。やはり女性の婚活は早くスタートした方がいいですが、本当に結婚したいという気持ちがあればいつから始めても遅すぎることはありません。自分の年齢に合った婚活のポイントを理解して、前向きな気持ちで取り組んでいきましょう。