マッチングセオリーって知ってる?似たもの同士は上手くいく?!

 

あなたの好みのタイプはどんな人ですか?爽やかな人、センスが良い人、優しい人、人によって様々だと思います。ではあなたに「合う」タイプはどんな人でしょうか?この質問をされたときに自信を持ってすぐに答えられる人は意外と少ないと思います。「合う」人とはどんな人なのか、今回は心理学の世界で用いられる「マッチングセオリー」という言葉から考えてみたいと思います。

 

マッチングセオリーとは

「類は友を呼ぶ」という有名なことわざがありますが、人は自分と似た相手に好意を抱く傾向があります。簡単にいうとこれがマッチングセオリーです。親しい友人や、学生時代のサークルやグループなどを考えた時、やはりなんとなく似ている人が集まりませんか?趣味や食べ物、ファッションの好みなど、共通のものがあると親近感が湧きますし、それは親しくなる、関係を進展させる十分な材料になるのです。

 

恋愛においても有効!

これは友人関係だけでなく、恋愛・婚活においても同じことがいえます。例えば会話をしていて趣味など、なにか共通点に気づいたときの「私も!!」「僕も!!」という反応、ほとんどの場合が小さな喜びを感じながら少し興奮して身を乗り出すように反応することが多いです。そしてそこからどんどん会話が盛り上がっていきます。この時点でお互い親近感が湧いていますよね。また共通の趣味があったり、食の好みが似ていれば次のデートにも誘いやすくなります。

感覚や性格も似ていれば、考えていることがわかる…とまではいかなくても、なんとなく相手のその時の状態や気持ちを察することができるというのも交際、結婚をするうえで大きな利点になると思います。反対に性格が似ているからこそぶつかるという場合もあるかもしれません。ただ冷静になれば似ている分、お互いに理解しあえる部分が多いので、喧嘩しても関係修復後は更に絆が深まり、「喧嘩するほど仲がいい」という言葉通り、喧嘩の度に信頼関係を強くして行ける可能性も大いにあると思います。

 

恋愛や婚活をしていてどんな相手が自分に合うか分からないという人、なかなか好きという感情を持てない人は、まずはなんとなく自分と雰囲気が似ている人をよく観察してみましょう。そこに恋愛のきっかけになるような気づきがあるかもしれません。