一生懸命頑張っている人の婚活が上手くいかない理由3選

 

「なんで自分には恋人ができないのだろう?」「なんでいつも短期間の交際で終わってしまうのだろう?」恋愛中、婚活中の方の多くは色々な悩みを抱えながら一生懸命頑張っています。でも恋愛でも婚活でも一生懸命になればなるほど自分のことやその時の状況を客観視できなくなるもの。最近した恋愛が上手くいかなかった、婚活をしているけどずっと進展がない…という方は自分自身が上手くいかない原因を作っていないか、一度客観的になって考えてみましょう。

 

「上手くいかない」が前提?ネガティブ発想

恋愛や婚活で成就しないことが続いていると新しい出会いがあっても「どうせ今回も上手くいかないだろうな」という発想になりがちです。新たな出会い、スタートはもっとドキドキ、ワクワク、ポジティブな気持ちで溢れているべき。「期待してあとから傷ついたり、悲しんだりするのが嫌だから」という考えもあるかもしれませんが、結果的に上手くいかなければそこに残念な気持ち、悲しい気持ちが生まれることに変わりありません。期待しないことを盾にして自分を守ろうとしていると相手もなかなかその盾を越えてこられないので、結局自分からシャットアウトしてしまっているようなものです。先のことは起こってみないと分かりません。出てもいない結果を恐れずにもっとポジティブにオープンな気持ちでひとりひとりの相手と向き合いましょう。

 

理想の人しか受け付けません?無意識の高望み

誰にでも、好みのタイプ、理想の相手の条件というものはあると思います。全く問題ありません。問題なのはそれ以外の人は受け付けません!という姿勢。第一印象で好みじゃなかったり、自分の考える条件に合わなかったりすると、すぐに恋愛対象外…?それではなかなか良い相手には巡り合えません。まずはひとつひとつの出会いを大切にして相手のことを知る姿勢を心がけましょう。高望みしている人に限って「そんなに厳しい条件を言っているつもりはない」という人が多いのです。自覚がない、無意識の高望みは恋愛成就や結婚をどんどん遠ざける原因になるので要注意です。

 

自分から動かない受け身の姿勢

婚活パーティーなどの出会いの場に行っても自分から積極的に動くことができず次につながる相手に出会うことも、連絡先の交換をすることもなく帰ってくる…そんなあなたは受け身になりすぎていませんか?「いい人がいなかったから動かなかった」という人もいますが遠目で見ているだけで「いい人」が見分けられるのでしょうか?そんなはずありません。せっかく参加した出会いの場であれば、なるべく積極駅に自分からアクションを起こし、近くに一人でいる異性がいたら好みではなくても会話してみましょう。話してみたら意外と趣味が合った、盛り上がったということもあるかもしれませんし、その相手を通じて理想の人に出会う可能性もあります。また積極的に話しかけている姿勢を見てあなたのことを素敵だと感じる人がいるかもしれません。出会いはどこにあるか分からないのです。また気になる相手がいるのに自分から連絡先を聞かない、連絡先を知っても連絡しないというのも同じです。受け身のままだと目の前にあるたくさんのチャンスを簡単に逃してしまいます。なにごとも自分から積極的に動くことでチャンスを呼び寄せましょう。

 

恋愛も婚活も一生懸命になることは素晴らしいこと。でも一人で頑張りすぎていると周りが見えなくなってしまうこともあるでしょう。気付いた時に一度冷静に自分のことを振り返って、軌道修正することも心がけてみましょう。