一人の時間がないと無理!な人は本当に結婚に向いてない?

埼玉県さいたま市の仲人型結婚相談所

コラボ大宮です。

結婚は昔ほど「みんながするもの」

ではなくなりました。一人でも、

一生独身でも生きていける時代です。

そんな中でちょっと気になるのが

「一人の時間がないと無理だから

結婚には向いてない、だから結婚しない」

という意見。

たしかに物事に対する向き不向き

あると思います。

でも「一人の時間」は多くの人が

大切だと感じているもの。

果たしてそれが「結婚に不向き」に

直接つながるのでしょうか?

「一人の時間」は誰だって欲しい

一人の時間が大切。これは正直、結婚していても同じです。

「一人の時間がないと無理」なのが自分だけだと思ったら

大間違い。相手も同じだということを心得ておきましょう。

何もしなくても一人でホッとする時間

好きなことをしてくつろぐ時間

何かに熱中する時間…どれも大切です。

「結婚したらその大切な時間がなくなってしまう」

きっとそんな思い込みから人と暮らすことや

結婚への抵抗が生まれるのだと思います。

でも自分と相手は別々の存在。

常に一緒なんていうことはまず有り得ません。

結婚してお互いに時間をどう使うのかは二人次第。

何十年と長い人生を共にする相手だからこそ

相手の大切な時間を尊重すること

そして自分に必要な時間も同じように

大切にすることが重要です。

愛するパートナーと共有する時間が

日常にあるからこそ生活にメリハリがつき

また一人の時間もそれまで以上に充実する

結婚してこれに気付いたという人はたくさんいます。

今の感覚が一生のものではない

誰にも気を遣わずに好きな時に好きなことをする。

一人の時間は自由で贅沢、いくらあってもいい!

と思うかもしれません。

でもそれが一生続くとは限りません。

例えば

今は仕事で必ず人と会ったり話したり

会いたいときにすぐに会える友達や家族がいる

…その中にある一人の自由な時間を

大切に感じているとします。

でも生活の中で人に会うこと

会いたい時に会える人がいるという日常が

10年後、20年後、30年後…

全く同じ状態のままかというと

必ず何かしらの変化があるはずです。

環境や日常が変われば、

当然、自分の中にある感覚や

価値観も変化していきます。

今から20年、30年経ったときに

「やっぱり生活の中で寄り添える相手が欲しい」

「一人の時間はこんなに要らない」と思う可能性も

大いにあるということ。

先の人生に色々な可能性があるのに

「自分はこういう人間」

「結婚には不向きだから生涯独身」と

早々に決めつけてしまうのは

なんだか勿体ない気がするのです。

まとめ

今まで一人だった生活が

そうではなくなる結婚。

生活が大きく変わることに対する

不安が湧くのはおかしなことでは

ありません。でも自分の中にある

結婚生活のイメージは

まだ空想の段階。

そこに自分が望まないスタイルがあっても

現実とは別物です。

一人の時間が大切なら

それを尊重できる結婚生活を

二人で作っていけばいいこと。

不向きだと決めつけて

諦めてしまうのではなく

どんな結婚なら向いていると思えるのか

望むのはどんな結婚なのかという視点から

考えてみてはいかがでしょうか?

埼玉県の結婚相談所コラボ大宮  その他の

婚活ダイアリー  も合わせてご覧ください♪

 

オンライン専用の婚活サポート始めました!

《料金は安く、安全性は抜群!》

本気の人だけのオンライン婚活

―LOVE FIRST―