結婚指輪はなぜ左手の薬指?

 

今回は、なぜ婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にするのかについて書いてみますね。結婚された方は当然のように左手の薬指に指輪をはめていますが、なぜそこにつけるのか疑問に思うことはありませんか?意外と気にせずつけているのかな?

理由については諸説あるようですが、古代ギリシャ時代の風習からの起源がロマンチックで興味深いです。古代ギリシャ時代には心臓は愛を象徴するシンボル的な概念が存在していました。現代の今でも心臓はハートや愛を象徴しますね。左手の薬指には太い血管が通っていて、それが心臓につながっていると思われていたそうです。当時はそれだけ左手の薬指は大事な意味を持っていました。左手の薬指に指輪をはめることで愛し合う二人の心も永遠につながるとされていたそうです。この言い伝えが元になり、現代でもその習わしが続いているのかもしれません。

左手薬指の指輪は「私は結婚してますよ」という単なるアピールだけではなくて、大好きな人と指輪を通して心と心がつながってると思うと、とてもロマンチックですよね。婚活中の方はステキなお相手と心もつながる左手薬指の指輪を早く実現できるといいですね。婚活をお考えの方はお気軽にご相談ください。婚活で挫折してしまった方もいらしてください。