既婚男性が「結婚してよかった!」と思うことって?

 

男同士の飲みの場でのろけたりはしないけど、実は既婚男性が「結婚してよかったなー」と思うことって多いそうです。「独身は気楽でいいな」「結婚なんてするものじゃないぞ」なんていう既婚の上司や友達の言葉を真に受けてのんびり独身生活を謳歌していると後々後悔するかもしれません。恥ずかしいからあまり口にしない、だけど実は既婚男性が密かに感じている結婚の幸せとはどんなものでしょうか?

 

健康的になった

お風呂はシャワーのみ、食事は毎日居酒屋かコンビニ弁当。部屋も散らかり放題でシーツを洗ったり布団を干したりすることも滅多になかった一人暮らし時代。結婚してからは家に帰れば栄養ある手料理やきちんと掃除された部屋、清潔な布団が待っている。気付いたら体調を崩すことが減った!と健康になったことを実感している方はたくさんいます。

 

仕事を頑張れる

結婚してから、仕事をする中で『家族のために』頑張らなきゃと思うことが多くなった、また『家族のために』頑張っているということが自分の自信になるという声も多くあります。疲れて帰っても『お疲れさま、おかえり』という家族の声は最高の原動力になるようです。

 

暇でも楽しい

一人暮らしの休日は特にすることもなくテレビをつけて一人でゴロゴロ…誰とも会話をせずに一日終わることも珍しくなかったのが、結婚すると同じような時間でもテレビを見ながら「ここ行ってみたい」「この番組面白い」と会話する相手が出来ます。特に何もしなくても、どうでもいい話をしながら何気ない時間を一緒に過ごせる幸せというのも結婚生活の醍醐味かもしれません。

 

助けてくれる家族がいる

自分が体調を崩した時、一人で抱えるには難しい問題とぶつかった時、必ず味方でいてくれる、支えてくれる家族がいるというのはとても心強いことです。一人暮らしから結婚して家庭を持つと、誰かと一緒に暮らすという安心を改めて感じることが多いそうです。普段の生活にしても、将来もっと年を重ねてどちらか介護が必要になることもあるかもしれません。そんな時に一人じゃない、隣にいてくれる人がいるというのは家庭を持ったからこそ手に入るとても強い心の支えですね。

 

もともと日本人は謙遜する性格ですし男性にしても女性にしてもあまり結婚生活についてすすんで自慢してきたりする人はいません。なんとなく恥ずかしいからかもしれませんが、幸せだからこそ結婚生活を続けているのです。また夫婦の形、結婚生活は様々です。今回挙げたのはほんの一部であって結婚の幸せ、家族を持つ幸せというのは無限にあるものだと思います。それを実感できるのは結婚した人の特権でもありますね。