適齢期のお子さんにあまり言ってほしくない言葉

 

今回は結婚適齢期の息子さん、娘さんをお持ちの親御様向けにお子さんに言ってしまいやすい言葉をいくつかあげてみました。

「結婚できないなんて恥ずかしい」「○○ちゃんは結婚したのに」「○○才以上の人はやめてね」「あなたより学歴が低い人なの?」「こんな人だったら結婚しなくてもいいわよ」「あなたは長男なんだから家を継いでくれないと」「まだ結婚できないなんて育て方が間違ってた」「こんないい条件の人とめったに会えないわよ。好きじゃなくても気持ちなんて後からついてくるものよ」「このままずっとうちにいてもいいのよ」

ある程度の年齢になれば結婚に対して自分なりの考え方は持っているはずです。言いたくなる気持ちもわかりますが、あまり口に出して言わないことも大切です。世話を焼きすぎると余計、婚期を逃してしまうかもしれません。子離れして距離を置いていること、子どもの生活にあまり介入せず、子どもからアドバイスや支援を求められたら協力するという姿勢が良いと思います。

今の時代、結婚しようと思ったら何歳でもできます。結婚に対してワクワクするような前向きな気持ちになることが何より大切です。結婚をあせらせたり、結婚への夢や希望を失わせないよう適度な距離感をもって接していただければと思います。