婚活中のネガティブを手放す方法

 

婚活は幸せな結婚を目標に活動していく、自分の人生を前に進めるものですが、活動中に壁にぶつかって悩んだり、自分ではどうにもならない問題に直面し落ち込んだり、ある意味「試練」と感じられるような出来事も起こります。

この一年間のコロナ禍での生活の変化も、お見合いの延期、デートが出来ないなど、婚活に励む人にとっても試練でした。

しかし、落ち込んでも疲れて倒れたままでは前に進めません。もう一度頑張るために自分を助けてあげられるのは自分自身。ネガィブな気持ちを手放す努力が必要です。

 

起きてしまったことは仕方ない

婚活中、悩んでいる人の中に多いのが過去に囚われている人。

「今まで交際しても長続きしたことがない…」

「前にお見合いした人と上手に会話できなかった」

「コロナ禍でお見合いした話をしたら友達にちょっと引かれた…」

そんな過去のネガティブな記憶に縛られて、動けない、上手く自分を出せない、自信が持てず自分からアプロ―チできないという人の多いこと。

でも過去は過去。起きてしまったことをあれこれ考えても、過去の自分を責めても何も変わりません。

それよりも大切なのは今の自分です。今ある状況の中で自分はどうしたいのか、どういう気持ちなのかということにフォーカスして行動しましょう。

過去の失敗や起きてしまった嫌な出来事は一旦置いておく、忘れてしまうくらいの方がいいのです。今の自分を大切にして、良い結果につながったり、はたまた思い通りの結果にならなくても何か行動を起こせたりしたなら、それは前進しているということ。その過程は自信に繋がり、自然とネガティブ思考から抜け出すことも出来るかもしれません。さらに言えば「起きたことは仕方ない!」とうじうじせずに切り替える逞しさがある人…男女限らず魅力的だと思いませんか?

 

未来をつくるのは今の自分

過去に囚われている人と同じように多いのが未来への不安で動けない人。

「お見合いを申し込んでもお断りされたらどうしよう」

「こんなこと言って嫌われたらどうしよう」

起きてもいないことへの不安感で頭がいっぱいになってしまいチャンスを逃してしまったり積極的になれなかったり…。望まない結果や相手に嫌われることは怖いし出来れば避けたい!正直に言えばこれは誰もが感じることであり、不安を抱くのが普通かもしれません。

ですが、そこで動けなくなってしまっては掴めるチャンスも掴めない、動けないままではきっと自分が望んでいる未来は遠のく一方です。

自分の未来を作ってくれるのは他の誰でもない、今の自分自身です。今の積み重ねが未来につながるのだと考えれば、ネガティブな思いを抱えて立ち止まるよりも、少しの勇気や行動を、小さくてもひとつひとつ積み重ねていくことが大切だと思いませんか?

 

今落ち込んでいる、悩んでいるのだと思っても、原因を探っていけばネガティブのもとは過去や、架空の(まだ起こっていない)未来にあることがほとんどです。

ネガティブを手放すために一番必要なのは、過去の自分や起きていない未来にいる自分より、今の自分をしっかり見てあげること。今を大切にできる人にはきっと幸せな未来が待っているはずです。